mixiのAndroidアプリに入った広告の表示が紛らわしい[追記あり]

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

[追記が5件ありますので、続きからどうぞ]

昨日夕方にmixiのAndroidアプリを使用していたところ、こんな画面になりました。

20130927_1

状況はTwitterと連携していたmixiボイスに対してコメントが来たため、さらに返信しようとしたところです。IME(ATOK)のキーボードの上にケンタッキーのロゴとともに「プレゼントが届きました!タップして、プレゼントをGetしよう!!」という広告と思われるものです。

なんだこれ?と思ったら消えてしまいました(上のスクリーンショットはアプリ起動を繰り返して再現しました)。文字入力をしようとテキストボックスをタップしてキーボードを表示させたところです。キーに重なっているのでうっかり広告をタップするところでした。

気になったのは、何がこの広告の表示を行っているかというところだったので、右上の水色で書かれている「coudec」をWeb検索してみました。株式会社ミクシィマーケティングによる収益化プラットフォームです。よくある広告主とアプリ開発者をつなぐサービスですね。

さて、問題にしたいのは表示方法です。一言でいうと、「そこでいいの?」です。

20130927_2

ちょっと色分けしてみました。お前何者だっ。

懸念としては2点くらい。どちらもユーザーの混乱を招きかねないものです。

  1. IMEのキーボードをはじめとした、各種ユーザーが行った操作により今の画面の上または一部を占有して表示されるUIの誤操作
    • 今回のこの表示はユーザーが意図したものではない
    • タイミングによってはユーザーは広告をクリックする場合がある
  2. UIが切り離されることにより、そのUIの表示者が不明確になる
    • 最初はATOKが出している可能性も考えました
    • Webではフィッシングに近い?

Webページの場合、広告は広告であるとわかるという点が安心してWebサイトを回れる条件のひとつになっていると思います。アプリも同じですよね。

今回は広告の表示方法に関する話題でした。

[追記1]

この広告はIMEのキーボードが表示された瞬間に限りません。mixiアプリの起動時に出ることもあります。起動時の画面一番下にはmixiボイスをつぶやくボタンがありますが、誤操作しやすいところだと思います。画面はこんな感じです。

20130927_320130927_4

[追記2]

SNSでの反響ありがとうございます。まず、mixiの公式アカウント(@mixi_PR)よりご連絡いただいています。対応に期待しております。結果的にmixiの認知がこのような形になった事については、もっと良い方法があったと思っております。

私のツイートがRTされる中で、やまもといちろう(@kirik)さんの目にとまったらしく、さっそくブログ記事を書かれていました。

いくつかのコメントでATOKに最近追加されたフローティングキーボードが影響しているのではというご意見をいただきました。今回はオフの状態で出ましたので関連はないと思います。また、追記3のスクリーンショットのとおり、POBoxでも同様の事ができました。

もう2件、取り上げていただいたページがありましたので追記します。

まずは老舗ニュースサイトGIGAZINE。ヘッドラインのIT・ガジェットのところにリンクされています。

もうひとつはネット上の色々なことについて書かれているブログです。今回は広告ビジネスに話を広げています。個人的にあhテレビCMは時間的な制約により触れる確率が高かったので効果があった(時代があった)のに引き換え、インターネットで同様の効果を得るには画面占有になってしまうのかなぁと思います。

[追記3]

このUIの作り方が気になったので、同じようなものを作ってみました。

最初はToastで自前のView(画面)を表示する方法かなぁと思いやってみました。

20130927_520130927_6

IMEによらず表示はできますが、よくよく考えてみればToastの性質上Viewにタップイベントを設定しても反応しません。後ろのキーボードが反応します。この大きさは広告としては情報量が少なすぎるため効果は薄いでしょう。(もしかしたらタップに反応するようにできるかもしれませんが、今回簡単に調べた限りではわかりませんでした)

次に、WindowManagerを使い、表示するタイプをWindowManager.LayoutParams.TYPE_SYSTEM_ALERTにして自前のViewを表示してみました。

20130927_720130927_8

これだとタップに反応するので、上の画面のようにブラウザを開いてWebページを表示すること等ができます。

ソースをGitHubに置いておきました。例外など考慮しておりませんので、参考程度にどうぞ。

[追記4]

TYPE_SYSTEM_ALERTを使用すると、アプリ情報で「システムレベルの警告の表示」が出ますが、mixiアプリはこの許可がないため、他の方法を使用していると考えられます。

20130927_9

[追記5]

Twitterのmixi公式アカウントから再度連絡がありました。

とのことです。Playストアにて新しいバージョンを確認し、インストールしてみました。広告の出し方を変更したようで、IMEのキーボード表示中は出なくなりました。追記1の画像と同じタイミングでは出ます。一通りこれで落ち着いたと思います。


皆様のご意見も聞きたいので、是非コメント等いただけたらと思います。(SNSの場合は私宛としていただければうれしいです)よろしくお願いします。

Twitterでかつて経験したことのないRTをいただきました:-)

コメントする